スポンサーリンク

メインクエストその3

野に倒れしものをクリアすると、姉のエルサに関するさらなる追跡が始まります。

国境地帯へ(推奨レベル15)

太陽の宮殿でエレンドと合流し、『潔白のマーラッド』という人物と会話するとサン王と面会出来るようになります。

マーラッドとサン王であるアヴァードなどとの会話を終えると、マーラッドの密偵が先に入り込んだピッチクリフという集落に集合することになります。

しかし、密偵は既に死亡しているので、そこからさらに密偵の痕跡を調査すると『デルヴァール』という人物が浮かび上がります。

その後はデルヴァールの野営地へと向かい、エレンド達と用心棒達を倒してからデルヴァールの工房を調べるとこのクエストは一旦クリアとなります。

落ちる陽(推奨レベル16)

デルヴァールの工房から、メリディアンの爆破を狙っていることが分かったアーロイ達はメリディアンに急ぎ戻ってそのことをアヴァードに報告します。

その後、メリディアンに隠れ家を持っているデルヴァールを追跡し、ブレイズを処理、デルヴァールは太陽の宮殿へ向かっているので窓から痕跡を辿ってデルヴァールと対決します。

音の妨害に合って護衛達は倒れているのでアーロイ1人での戦闘です。

デルヴァールはグリントホークを次々と呼びますが、炎の矢で落としてクリティカルを狙うなどをすればそこまで難しくなく倒せるでしょう。

デルヴァールとグリントホークを倒し終わったらアヴァードと会話してクリアです。

創造主の落日(推奨レベル14)

メリディアンでの騒動が一通り終わったら、山に抱かれてのクエストでホログラム化された女性と自分自身の関係を探るために創造主の落日へと向かいます。ここは古代の遺跡になっており、この場所で初めて謎の無線がアーロイのフォーカスに入ります。

遺跡を探索すると、テッド・ファロという男性とアーロイに似ていたエリザベト・ソベックという女性の情報を得ることが出来ます。

また、謎の通信の相手は『サイレンス』という男だということも判明。

このクエストでは、過去の文明がどうして崩壊に向かったかが、少し明かされます。

ボスとしてカルト団員とデスブリンガーが登場しますが、デスブリンガー戦は長弓のトリプルショットなどでタレット関係を破壊していけばそこまで苦戦はしません。

カルト団員は草むらからのサイレントストライクで仕留めるのがオススメ。

以降のクエストについて

ここからのクエストは

  • 弔いの穴~絶滅の兆しまで8種類あります。

若干のパズル要素などもあるので、攻略ポイントは別記事にて紹介します。

スポンサーリンク

Twitterで最新情報お届け!

おすすめの記事